Memento mori
Teng jing-official part.2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Onlywatch 2011 -After one year-

Onlywatchから一年経ちました。

この年で過去の甘美な思い出に浸るのは実に情けない話ですが、
今なお、一年前のあの焼けるような感情の起伏を鮮明に思い出すことが出来ます。
また、カネを貯めて挑みたいです。



さて、今、日本に出張に来てます。1ヶ月超のプロジェクトで、日本本社の戦略コンサルタントと働く貴重な機会です。

日本本社と中国では仕事の内容も進め方も全く違うのですが、残念ながら中国ではまだ、真に戦略的な案件を受注できておりません。そういう意味において、日本本社の抜群に優秀な人たちと戦略的な仕事に携われるのは大変貴重な経験です。
中国で第一線の知的産業に従事するという稀有な経験と、日本で戦略コンサルタントとしてのコアを磨くという経験はどちらも捨てがたい経験です。一年に2ヶ月くらいは日本で働けたら、バランスの良いコンサルタントになりそうですが、まぁそんな美味い話は無いですね。


外国人の目線で日本にいると、正直こんなに快適な国は無いといえるくらい、色々と快適です。清潔だし、ネットは早く政府による検閲や遮断が無いし、皆礼儀正しいし、日本人であることを差し引いても、日本の誇るインフラは他国の追随を許さない領域にあると思います。国内において欲望を満たす全てが揃うので、敢えてわざわざ海外に出るインセンティブが湧くわけがありません。

緩やかに衰退していく国家。グローバル化という潮流に全く対応できず、かつで日本の代名詞であった「ものづくり」を担う一級のメーカーは継続疑義の前提がつきそうになり、若者は正規雇用も覚束ず、家を持ち結婚して家庭を築くという普遍的な幸せは既に一部の人間にしか出来ないものになりつつあります。

しかしそれでも、清潔な水で一日一度は身体を洗うことが出来、食事を摂る事が出来、政府による生活の理不尽な制限も無い。所与のものとして享受しているインフラが、実は国際的に見ればどれだけ優れているのか。

グローバル化の潮流に流されず、無益で中途半端な語学学習など放棄し、日本で、日本語だけで堂々と逃げ切りを宣言するのもまた一つの手段です。周りに流されず、自分の意思決定に強いコミットメントを以って生きていきたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

リラックマのお部屋

プロフィール

teng jing

Author:teng jing
上海在住。公認会計士から経営戦略コンサルタントへ。

カテゴリ

facebook

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。