Memento mori
Teng jing-official part.2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIDS

日本国内で平成22年に新たに発見されたAIDS患者は431人、HIV感染者は1,021人と増加の一途をたどっています。今現在も1日に4人の割合で新たな感染者・患者が報告されているのです。 ただし、報告されている数は氷山の一角。検査を受けずに、気づかないままの感染者は密かに増えつづけ、性交渉を持つ人なら誰でも感染の危険性のある病気となっています。特にHIV感染者は20~30歳代の若者に、AIDS患者は働き盛りの30~50歳代に多くなっています。

AIDSなんて遠い世界の事だと思っている方、HIV感染なんて全く自分と関係が無いと思っている方。

本当ですか?-----------------------

あなたのパートナーは、あなたが抱えているのと同じくらい、暗い秘密を抱えて生きているかもしれません。

あなたが昨日買った嬢は、体内に抱えているHIVを他の客にをばら撒くことで絶望や憎しみを解消しておりました。

あなたのお母様は、母子感染の事実を知りながら、自分の娘が感染しない幸運に全てを賭けました。

交通事故に逢い一時危篤状態に陥りましたが、優秀な医師のおかげであなたは命を取り留めました。入院している病院で買った朝●新聞の3面に、以下のような記事が記載されておりました。
厚生省エイズ動向委員会の報告(平成10年5月26日付)
1.本日開催のエイズ動向委員会に、推定される感染の原因が国内の輸血と記載されたエイズ症例が1例報告された。当該症例は平成2年に新鮮凍結血漿5バッグの投与を受けていることが判明している。
2.新鮮凍結血漿のロット番号は判明したが、献血者の記録は既に廃棄されていた。同じ血液から製造された赤血球製剤等の使用状況については調査中である。
3.HIV抗体検査導入後の国内の輸血による感染が推定される原因と記載され、エイズ動向委員会に報告された症例は本例を含めて4例であるが、輸血が原因と確認された症例は1例である。


----------------------------------

HIVに感染した場合、一時的に血液中にVirusが爆発的に増えるものの(この時に風邪に似た症状が現れるといいます)、HIV抗体が生成されVirusの数が減少します。平均10年間の潜伏期間の後、VIrusが爆発的に増加してAIDSが発症し、我々が漠然とイメージするような事態へと進行していきます。

あなた本当にご覧になりたいものはコチラ

保健所で行われる検査とは、上記HIV抗体が血液中にあるかどうかを確認します。HIVに感染した直後ですと抗体がまだ出来ていないため(この期間をウィンドウ期と言います)、検査をしても正しい結果は得られません。HIVに感染しても当分は死なないため、そして感染していた場合もう手遅れなので、2ヶ月くらいの十分な期間を経てから検査に行きましょう。血中にHIV抗体が十分に生成され、正確な検査結果を得られます。


大丈夫です。
怠惰な人生。無責任な意思決定。今更悔い改め魂の再生を願うのは、肺がんを告知されてから禁煙するくらい愚かしいことです。薬には保険が利きますし、HIV感染者は障害者手帳を持てますので、現在AIDSの発症を抑えるにあたって経済的な負担は大きくありません。HIVに感染しても、人間そうそう簡単には死ねません。そしてあなたは偏見にさらされ、絶望と戦い、世界を呪いながら悟るのです。生は死よりはるかに苦しいと。


そして本当に憎むべき対象は、殺すのではなく、希望を奪い孤独に死を待たせた方が苦しむと。


----------------------------------

墨田区の保健所へHIV抗体の検査に行って来ました。検査期間は2週間。匿名性が担保され、陽性か陰性かの結果は口頭で告知されます。希望すれば、クラミジアや梅毒といったSTDも同時に検査してくれます。結果は、、、
スポンサーサイト

紅葉狩り@奥多摩

紅葉狩りに行ってきました。


一日中PC眺めているか、或いはクライアントから煙たがられるような仕事なので、それはストレスも溜まるってものです。
都会の喧騒を離れて、自然に触れる。
自然て、、良いですよね

素敵なシャシンが撮れたので、見てください。

momi1.jpg

momi2.jpg

momi3.jpg

momi4.jpg

momi5.jpg

momi6.jpg

momi8.jpg

極北の地、アイスランドまでをも共にした相棒なのですが、そろそろ新しいデジカメ欲しい(・ω・)

もう少し足を伸ばして、ダムを見てきました。
ダム、でけー

dam1.jpg

dam2.jpg

dam3.jpg


-------------------------------------
おしまい★
たまには爽やかな記事を書いてみたいってものです★

富士山

夏休みのビッグイベント、富士山登山を行いました。

・登頂すること
・チーム全員が無事に家路に着くこと

二つの目標を達成できたので、イベントは成功裏に終わったと言っても良いのではないでしょうか。


日本人なら一度は登っておきたい富士山。富士山に登るなら見ておきたい御来光。
goraiko.jpg

たった10分強の日の出を見るために、歩んだ道は本当に過酷でした。
「高山病」、、、まさか自分が冒されるとは。

日頃のトレーニング、十分に時間をとった登山スケジュール。準備は万端でした。実際に、登山自体もキツいなりに楽勝でした。夜八時、無事3,450m地点で山小屋「御来光館」に辿り着き、皆でハンバーグ弁当に舌鼓を打っているときは、今回のイベントの成功を確信してました。軽い頭痛も、明日起きたら治るだろうと、タカをくくっておりました。

ところが、その後の仮眠後も一向に頭痛は引かず、空気は乾いて暑く、一向に眠れません。ほぼ一睡も出来ず、1時半に起きてイザ頂上へ、というタイミングにも関わらず、頭痛はピークに達しておりました。そして内臓を駆け巡る強烈な吐き気。高度3,450mに盛大な吐瀉物を撒き散らし、コンディションは文字通り最悪な状態に陥りました。

「進んでも地獄、退いても地獄」別にヘリが迎えに来てくれるわけでもなし、いまさら地上に戻るためには自分の足で降りるしかありません。典型的な高山病に冒されたことを認識し、逃げ出したいという絶望的な誘惑に耐えつつ、登る覚悟を決めました。一歩ごとに舌を噛みながら、飛びそうになる意識を保ちました。

寒い、人多すぎ、酸素薄い、頭痛い、吐いたために喉と胃が焼けそうに痛い、座りたい。頂上に着いたときの感想です。達成感なぞ全く味わえませんでしたが、高山病に冒されながらも登る覚悟があれば登れること、矛盾するようですが高山病は本当にツラいこと、その二つを今回の登山で学習しました。そして二度と山登りしたくないです。
tengjing.jpg



悲しいイベント

生きてりゃいろいろ経験しますが、悲しいイベントが重なりました。

エージェントに煽られて、友人二人が辞めたbig4に面接に行きました。望まざる人材だったようで、座っていたソファは最初の10分で針のむしろとなり、ねちねちいじめられました。
you are nothing
というオーラを放つお偉方3人に、泣きもせず、切れもせず、誠意と尊敬の念をもって尋問を乗り越えた自分を褒めてあげたいです。
あの応接室を思い出すだけで泣ける(´;ω;`)

不正調査の案件が入ったようで、GWからノンストップアサインです。
東北にボランティアに行ってみようかと思ってましたが、人民よりカイシャへの貢献が優先ですね。
GWが仕事で潰れる、、とか会計士のセンセイだけにしてよ(´;ω;`)

私の仕事のパフォーマンスに対するフィードバックで
disappointed
と書いたジャーマネは、他のスタッフにもdisappointedと書いていたようです。というかフィードバックの内容がほとんど同じでした。スタッフのフィードバック内容をテンプレート化するのは構わないけれど、、テンプレートからdisappointed消せよ、、

---------------------------------

円が安くなってますね。
Bid:85.290, Ask:85.296(USD/JPY, 2011/4/6)
じわじわ日本の信用が低下しているかのようです。錯覚だといいのですが。

ノリ家三男壮行会@北千住

ノリ家の三男がついに世界一周旅行へ。期間は半年~。

「世界一周旅行」なんていうフレーズはよく聞くが、実際に具体化するのに、ここまで準備しないと
いけないのか、と思った。

長男は結婚して家庭を築き
次男は深くて暗い闇の淵に
三男は南米へ
おっさんは社畜街道を走り
オレは中国で物乞いを

大切な友人が無事生きて帰ってこれますように。



家に帰ってくるとちょっと中国が騒がしいことになってる。

衆愚政治に陥ることなく、プロフェッショナルが国家のことを考えて迅速かつ正確に作業を進める。
「最大多数の最大幸福」のために、「最少人数の最小犠牲」が容赦なく行われる。
迅速な意思決定。13億人を統率する統率力。経済的な成長率が示す手腕。
中国共産党の一党独裁を心底うらやんでいるのは、自分が外国人だからか。


最初は奉られ、数ヶ月経つとすぐにタブロイド誌に犯され、優秀な政治家が次々と
殺されていく日本の政治制度と比べると、、

日本の民主主義は疲弊している、と思った。

リラックマのお部屋

プロフィール

teng jing

Author:teng jing
上海在住。公認会計士から経営戦略コンサルタントへ。

カテゴリ

facebook

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。