Memento mori
Teng jing-official part.2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本円の特殊性

2012年11月下旬、為替市場では安倍晋三・自民党総裁に対する注目がかなり大きくなっている。日本発信のニュースで為替市場がここまで変動するのも久しぶりのことだ。

11月に入ってから、安倍氏は日銀の金融政策に対して積極的な発言を繰り返している。日銀による国債の直接引き受けなど、中にはやや行き過ぎた発言もあるが、日銀に対して執拗なプレッシャーをかける姿勢を見て、海外勢を中心に円に対して弱気な見方が強まり、円売りポジションも相当程度積み上がっていると見られる。

安倍氏自身が本気で為替相場を円安に誘導するために日銀にプレッシャーをかけているのかどうかは定かではないが、同氏が主張するような金融政策をたとえ日銀に行わせることができても、少なくとも為替相場が中期的に円安方向に動くことはないだろう。

日本がデフレを脱却するために必要なのは、金融緩和によって市場に溢れている資金を実体経済に流す政府の施策である。具体的には財政政策、構造改革、規制緩和、税制改革など。係る施策を政府が本腰を入れて行わないのであれば、実体経済に資金が流れることは無く、いくら日銀が金融システムに資金を供給してもインフレにはならないだろう。

名目金利がゼロの状況下で、中央銀行がいくら国債を購入しても、供給される資金は銀行システムの中にとどまり実体経済には届かない。日銀が民間金融機関から国債を購入すると、民間金融機関は国債を日銀に引き渡す一方、民間金融機関の当座預金には売却代金が日銀から振り込まれる。しかし、民間金融機関は特に流動性に困っているわけではないので、当座預金に振り込まれた資金をそのまま積んでおくか、再び国債で運用するしか選択肢がない。

日本の通貨である円は主要通貨の中でも極端な動きをする特殊な通貨である。主要通貨(円、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、スウェーデン・クローナ、ノルウェー・クローネ、加ドル、豪ドル、ニュージーランド・ドルの10通貨)の年間の騰落率を見ると、円は08年には最も強い通貨となった後、09年は最も弱い通貨となり、10年、11年は再び最も強い通貨となった。そして、12年は今のところ最も弱い通貨となっている。つまり、過去4年連続で円は主要通貨の中で「最強または最弱通貨」になるという両極端な動きをしている。そして、今年の円は年初来最弱通貨となっているため、このままだと記録を5年連続に伸ばすことになりそうだ。

円が極端に動く背景には、金利が極めて低水準である中で、金融市場の規模が大きく、資金調達も容易で、かつ個人や投資家が投資に向ける資金を大量に保有しているという国内事情がある。そのため、世界経済の状況が改善すると、円が投資先の通貨に対して売られ易くなる一方、日本人は多額の純資産を海外に保有しているため、何か日本経済・世界経済を不安定にさせることが発生し、リスクを避けようという気持ちが高まると、資金が日本に戻ってきて、巨額の円買いが発生してしまう。
スポンサーサイト

無意味な会話とロジカルシンキング

人間は合理的な動物だけれど、生まれながらに筋道を立てて考えるわけではありません。そもそも、人間は以下のような傾向を持っているように伺えます。

(1)自分の「信じたいこと」を信じる
e.g. 人間は生まれながらにして「良心」を持っているのです
(2)自分の偏見や経験を、色々なことに当てはめる
e.g.マーフィーの法則
(3)たった一回の出来事を一般化する
e.g.俺の知っている中国人はクズだ。だから中国はクズの集まりが作った国だ。
(4)問題を分析している途中で感情的になり、自分の個人的な感情を、客観性より優先する
e.g.韓国人によるヒト胚性幹細胞捏造事件
(5)人の話を聞くのが下手である。話の一部しか頭に入ってこない/自分の聞きたい部分だけ聞いている
e.g.「『勉強ばかりしたら馬鹿になる』って先生が言ってたよ」
(6)後付けで理屈をつけて正当化したがる
e.g.「ほらね?言っただろう?中国で成功するなんて土台無理な話なんだって!」
(7)関係のあることと関係のないことを区別できない
e.g.「彼は知り合いに多くの暴力団関係者がいるんだよ。だから彼の言うことは~~」
(8)目の前の問題から、すぐに注意が逸れてしまう
e.g.「私から全てを奪うのね?私に死ねっていうのね?」「いや、借金を返して欲しいだけだって」
(9)外見、印象で判断しがちである。見たものを誤解し、判断をひどく間違える
e.g.ジョン・F・ケネディのスーツ
(10)一貫した基準で行動することはほどんどない。根拠をきちんと検討してから結論を出すことも先ず無い
e.g.貴方の人生
(11)言ったとおりのことを考えていないし、考えたとおりのことを言わない
e.g.貴方、貴方のパートナー


ロジカルシンキング、構築的な分析力というのはある種のスキルであって、スキルを身につけるには、ある程度の訓練と努力が必要です。コンサルタントの土台であることは言うまでもありませんが、それ以上に、ビジネスマンとして普遍的なスキルであると思います。

社会人の頭は使うものではなくて下げるもの。そんな人生から解放され、真に知的な世界でドリヴン出来るようになるといいですね。

Onlywatch 2011 -After one year-

Onlywatchから一年経ちました。

この年で過去の甘美な思い出に浸るのは実に情けない話ですが、
今なお、一年前のあの焼けるような感情の起伏を鮮明に思い出すことが出来ます。
また、カネを貯めて挑みたいです。



さて、今、日本に出張に来てます。1ヶ月超のプロジェクトで、日本本社の戦略コンサルタントと働く貴重な機会です。

日本本社と中国では仕事の内容も進め方も全く違うのですが、残念ながら中国ではまだ、真に戦略的な案件を受注できておりません。そういう意味において、日本本社の抜群に優秀な人たちと戦略的な仕事に携われるのは大変貴重な経験です。
中国で第一線の知的産業に従事するという稀有な経験と、日本で戦略コンサルタントとしてのコアを磨くという経験はどちらも捨てがたい経験です。一年に2ヶ月くらいは日本で働けたら、バランスの良いコンサルタントになりそうですが、まぁそんな美味い話は無いですね。


外国人の目線で日本にいると、正直こんなに快適な国は無いといえるくらい、色々と快適です。清潔だし、ネットは早く政府による検閲や遮断が無いし、皆礼儀正しいし、日本人であることを差し引いても、日本の誇るインフラは他国の追随を許さない領域にあると思います。国内において欲望を満たす全てが揃うので、敢えてわざわざ海外に出るインセンティブが湧くわけがありません。

緩やかに衰退していく国家。グローバル化という潮流に全く対応できず、かつで日本の代名詞であった「ものづくり」を担う一級のメーカーは継続疑義の前提がつきそうになり、若者は正規雇用も覚束ず、家を持ち結婚して家庭を築くという普遍的な幸せは既に一部の人間にしか出来ないものになりつつあります。

しかしそれでも、清潔な水で一日一度は身体を洗うことが出来、食事を摂る事が出来、政府による生活の理不尽な制限も無い。所与のものとして享受しているインフラが、実は国際的に見ればどれだけ優れているのか。

グローバル化の潮流に流されず、無益で中途半端な語学学習など放棄し、日本で、日本語だけで堂々と逃げ切りを宣言するのもまた一つの手段です。周りに流されず、自分の意思決定に強いコミットメントを以って生きていきたいですね。

ローカルビジネスの未来

中国におけるローカルビジネスの発展を考える上で、大きく分けて
①アジア先進国の完成系である日本と同じルートを歩むライン
②日本とは異なる中国独自の発展を遂げるライン
の二つがあります。実は、お恥ずかしながら中国及びASEANの事業展開は須らく①のラインを進むと思ってたのですが、文化も人も条件も全部異なる中で、すべて事業が①のラインを進むわけがないです。

①日本と同じルートを歩むラインについて
これは、基本的には各国の文化にあまり依存しない事業ラインです。例えば国家に統制されている領域における事業は、各種規制事業の緩和等は大体どこの国も同じような展開をするのではないでしょうか。そのような意味で、日本の軌跡(と失敗)を事前に把握できているというのは、コンサルタントとして大きな強みになるところです。

②日本とは異なる中国独自の発展を遂げるラインについて
これは、BtoC事業のように、人々の生活、文化により近い事業ラインです。例えば、今の中国の庶民のアシは電動バイクで、これはゴツい自転車というか華奢な原付というかそんな乗り物なのですが、動力は電気であり、日本では見ません。昔の中国民が使用していた自転車に、そのまま電気による動力がついた結果です。庶民が食事中に飲む「王老吉」という飲み物も、日本では見ません。一方で、日本で溢れている中国では缶コーヒーはほとんど見ません。コーヒー自体がまた一般的な飲み物として市民権を得ていないのか、或いは茶と豆乳で慣れた舌にはコーヒーは不味く感じるのか。

「どこの国」で「何」が売れるのか、そして今後どうなるのか。調べてみると、先入観とは大きく異なる結果に驚きます。現地で注意深く観察した結果得る1次情報と、統計から読み取れる情報を組み合わせて、日本とは異なる国でのビジネスと、その「未来」を読み取らないといけません。

反日暴動と企業統治手法の変化

赤い国の反日暴動の様子が連日日本のメディアを賑わしていると聞いています。
120915a16.jpg

ハリウッド映画や竹島問題のように、愛国心に煽られながら、特定の外敵を国家一丸となって敵視する行為は、どの国の国民にとっても心地の良いものです。
120915a19.jpg

ただし、現実は、少なくとも上海はがっかりするほど平常運転です。当たり前の話ですが、新聞もまた営利企業であり、お金にならない記事は書きません。「色々報道されてますが、中国の99%は平常運転です」では誰も読まないですからね。不安を煽り、憎しみを煽り、日本に台頭・超越しつつある中国を歪小するような記事は、記事を書く側にとっても愉しいものだと思いますし、読んでいる方もまた心地よい高揚感を得るものだと思います。自分で目で見て肌で感じる情報以外の全ての情報を疑うことが、奴隷から解放される第一歩です。


さて、今回の反日暴動をどう見るか。
大韓民国然り、中華人民共和国然り、国是、国策として反日政策を採用している以上、他国よりカントリーリスクが高いのはどうしようもありません。係るカントリーリスクを許容できるレベルにまで低減するにはどうすれば良いのか。思うに、今回の事件は日系企業の中国支社の現地化が結果的に大幅に進展していくことになる一つの契機になると考えます。

大昔から言われていることですが、日系企業は自社の国内での成功体験をそのまま海外各国に「輸出」しようとしており、中国という異国の地でビジネスをしているものの、本質的な提供価値は日本の地で提供してきたものと変わりません。より具体的には、中国の国内事情や巨大なマーケットを無視し、「高機能」「安全」「本物」といった日本企業の「職人魂」にお金を払ってくれる一定層(超富裕層)しかターゲットにしてないのが実態です。

ガバナンスについても同じことが言えます。言語の問題か文化の問題か、国家の地理的性質か、大部分の日本人は基本的に外国人を信用しません。反対に、日本人であるだけで他の日本人から信用されることが多々あります。現地のことは現地の人間が一番分かっているにもかかわらず、日系企業の各国支社は高いカネを支払ってろくに現地の言葉も喋れない日本人を駐在させ、ローカルの人間にガバナンス権限を与えようとしません。優秀で自分の意思を持つ中国人は、翻訳+アルファ程度の仕事しか与えられない日系企業に絶望し、日系企業の中国支社から流出していきます。(そして、弊社に日本語を話せる優秀な中国人スタッフが流れてきます。)

それでも外国人を信用しない日本人は、何かと理由をつけてガバナンス権限を与えてこなかったわけですが、今回の反日暴動は、その意識が変わる転機となる事件だったのかもしれません。現地のことは現地の実情をわかっている現地の人間に任せるのが最も効率的であるというプラスの面の他に、企業のローカライズを推し進め、トップからボトムまでローカライズしていけばカントリーリスクをゼロでないにしろ大幅に低減できるというマイナス面の補償が、今後大きくクローズアップしていうことになるのではないでしょうか。
欧米企業は、トップからボトムまで現地人を採用し、毎年の収益率と内部統制制度でクライアントをガバナントするという方法を取っており、それなりのガバナントリスクを抱えつつも、日系企業より遥かに中国を含む海外への進出をうまくやっているように見えます。

リラックマのお部屋

プロフィール

teng jing

Author:teng jing
上海在住。公認会計士から経営戦略コンサルタントへ。

カテゴリ

facebook

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。